おわりに

二人の女性を「同時に」好きになった僕がすべて悪い。

いや…、生きていれば男女が出会って惹かれ合うなんてことは、普通に起こり得ることだ。

それ自体はとても素敵なことだし、何にも悪くない。

僕が自分自身を許せないのは、態度をあいまいにしたことだ。二人のやさしさに甘え、現実から目をそらした僕がすべて悪かったんだ。

物事をはっきりさせずに。

たとえ一時でも、どっちつかずの中途半端な状態にしてしまったことは男として最低だし、二人の心を傷つけたと思う。

それを彼女と別れてからやっと気付いた。失ってから気付くことがあるというが、僕の場合はあまりにも気付かなすぎた。

本当にバカな男だと思う。

繰り返しになるけど、出会いは悪くない。だから、二人の女性に罪はない。

悪いのはすべてバカな僕だ。

こんな僕に、誰かを愛し抜き、そして守り抜く。そんなこと、できるわけがない。



やっぱり僕は、誰かと深く関わってはいけない人間なんだ。僕と関われば、相手を不幸にするだけだと思う。

なぜなら、44の男であれば本来そなえているべき正しい人格が、僕には欠落しているから。

今から正しい人格形成なんてもう手遅れだし、救いようがない。

一般的な44歳の男なら、結婚していて子供もいてと、守るべきものをすでに持っている。

僕はどうだろう。自分勝手に生きてきて、責任感のない人生を送ってきた。

44年生きてきて何も背負っていないし、何も身につけていない。

感情のコントロールもできず、衝動的に、後先考えずに行動するところもある。

冷静に考えたり、慎重にものごとを判断することができない。

ゆがんだ生き方をしてきて、ゆがんだ人格形成をしてきてしまった。

もう手遅れなんだ。

こんな人間と関われば、相手を不幸にしてしまうのは当たり前。

人はひとりでは生きていけないというが、僕はひとりで生きていかなくてはいけない人間なんだと思う。



さいごに。

何度も言うけど、出会いは悪くない。だから、二人の女性に罪はない。

悪いのは自分勝手でバカな僕だ。

これでこのブログの運営は終わり。そのうち閉じることになると思う。

結局、男として、人としての成長はぜんぜんできなかったな。。。


 
 

カテゴリ:孤独な人生

ばかやろう!自分で選んだ道ならブレずに突き進め!男なら痛みを背負って生きろ!


自分の気持ちに正直に、正しい決断をしたはずなのに、なぜもやもやするのだろう。

責任、誠意、そしてなんだか後ろめたい気持ち。

心の中がゴチャゴチャで、僕にはよくわからないんだ。

ため息をついてる場合じゃないのに。






俺はね、takaが今回下した決断は、それでいいと思うんよ。

っていうか、正しいとか正しくないとか、そういうことじゃないんじゃないかな。

人生は正しいとか間違ってるとか、そんな単純な二元論で片付けられることばっかりじゃないしさ。

takaは素直な気持ちで、自分に正直になって選んだわけでしょ?彼女を信じることに決めたわけでしょ?

自分なりの「責任」を感じて、途中で放り出すわけにはいかなかったんでしょ?

じゃあ、それでいいじゃない。



ただ…、もし自分でした決断のなかに、なにか「別のもやもやとか痛み」を伴うなら、それはtakaが一生感じていかなくちゃならないよ。

そして、そこからきちんと何かを学びとることが大事。

ああ、そういえば俺だって過去にアレコレあった。いろんな古傷を背負ってんだよ、俺だって(笑)

罪悪感、後悔、苦痛、懺悔(ざんげ)、後ろめたさといろいろね。

若いころは修羅場みたいな状況もあったなぁ。女性関係でだよ。けっこうひどいことしてきました(汗)

まあ、俺の話はいいや。

俺なんかにくらべたらtakaは素直だしまっすぐだし真面目だし、ちゃんとしてるよ、全然。

まあ、偉そうなこと言えないけど、自分で選んだ道ならブレずに突き進む。それがロックスピリットでしょ。

フラフラあっちの道へ行ったり、また元の道に戻ったり。あるいは両方の道を歩こうとしたり。それじゃあマズい。

まんべんなくみんながハッピーなんてことはあり得ないし、それが自分にできると思ったら、それは傲慢(ごうまん)だよ。

彼女と付き合うと決めたなら、その道をまっすぐ突き進むのみ。



でもねtaka、今から話すことはしっかり覚えておいたほうがいいよ。

takaが今抱えている「別のもやもやとか痛み」は、彼女とは何の関係もないんだよ。

だから、信じると決めたなら精一杯、彼女のことを信じてあげなよ。

takaはね、昔から情に厚いところがあるじゃんか。バンドでもそうだったけど、いくつかのバンドをヘルプで掛け持ちしてたりしたろ?

気を付けなくちゃいけないのは、その情の厚さとかやさしさが時として人を傷つけることがあるってこと。本人は悪気がなくてもね。

さっきも言ったけど、まんべんなくみんながハッピーなんてあり得ないし、いくつものバンドを同時に手伝ったって、どうせ中途半端な結果になっちゃうじゃん?

今抱えているもやもやとか痛みを忘れることなく背負いながら、彼女のことをしっかり信じる。

恋愛っていろんな意味で痛いよな。でも、その痛みがあるからこそ、男として成長できるんじゃないかな。

(5月11日 バンドの先輩と飲み屋にて)







 
 

カテゴリ:孤独な人生

打っても響かない…相手の心にはもう届かないのだろうか?


もう愛想が尽きてしまったのだろうか?

どんなに言葉を尽くしても、相手の心にはもう届かないのだろうか?

どれだけベストを尽くしても、それはすでに独りよがりな努力なのだろうか?


人は過去の失敗から何かを学べる生き物だし、僕だって同じミスはおかさないよう努力してきたつもり。

中途半端な人生を送ってきたけれど、そんな僕でも大切な人を悲しませたり傷つけたりはしたくない。

でも…

相手の気持ちがすでに冷めてしまっているなら、もうそんな努力も無駄なのだろうか。

人の気持ちが変化してしまうことは、この歳になればわかっているけど、出会って数日とかの関係ではない。

ある程度の年月を、かけがえのない時間を、ともに過ごしてきた相手だから…。


いくら打っても響かないこの感覚。

これからどうすればいいのだろう…。
 
 

カテゴリ:孤独な人生

プロフィール

taka

Author:taka
ようこそ!

この広大なネットの世界であなたと出会えたことが何より嬉しいです。

このブログは今何位?
クリック(タップ)していただけるとより頑張って生きられます♪
最近投稿した記事
おわりに May 21, 2018
ばかやろう!自分で選んだ道ならブレずに突き進め!男なら痛みを背負って生きろ! May 12, 2018
打っても響かない…相手の心にはもう届かないのだろうか? May 03, 2018
友達の「数」ではなくて…太い絆で結ばれた関係は場所とか時間とか関係ない Apr 27, 2018
孤独な中年男が「こじはる表紙の女性誌」を買うときのドキドキ心理 Apr 24, 2018
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

ページの先頭へ